広島県全域で無料の住宅診断・点検をしております。30年培ってきた経験と知識からリフォームのご相談も承っております。

おうちの悩み事に一級建築士が対応

営業時間 9:00から18:00(土日・祝日定休)

お客様にとって家は一つです。常にお客様の立場になって、1人の建築
技術者が広島にて誠実に住宅診断・点検・リフォームを行います。
今まで、30年間の経験で得た知識や建築業界ならではの習慣などを丁寧に
お教えします。戸建住宅のみならず、分譲マンションや賃貸アパート、
店舗にも精通し、知識も豊富です。家とは一生に一度の大きな買い物です。
大切な家族を守るための家をいつまでも長持ちさせるために、一級建築士
による住宅診断を受けてみませんか?定期的に点検してリフォームする
ことで、お客様の大切なおうちの資産価値がきっと上がるでしょう。

私が30年間培ってきたおうちの長持ち方法を、住宅診断で
わかりやすく丁寧にお伝えします。お金を掛けなくても、
日頃から気をつける事で耐用年数はグッと上がります。
お客様のできることで解決できる場合は、アドバイスのみを
行います。決して無理に売り込みません。

建物が違う、建っている環境が違う、住んでいる人がそも
そも違うため、抱えている問題や悩みは違います。
目先の利益は優先せず、お客様の立場になってご提案を
させて頂きます。
提案に納得がいく場合のみお受け頂いて大丈夫です。

私の住宅診断・点検を踏まえて、修繕や補強の作業をご依頼いただくかどうか
はお客様にご判断いただいております。リフォームをご依頼いただければ
私の付き合いの長い信頼できる工務店を紹介させていただいており、
作業完了まで私が責任を持って管理しております。
その家に住んでいながら、2階の屋根や天井裏、1階の床下をご覧になった
ことのないお客様がほとんどです。
私の役割はお客様が正しく現状を知り最善の判断をして頂くことです。

近頃、雨の日にバルコニーを見ると、排水溝の所に水が溜まっていました。
近くで大きな土砂災害があったので、万が一のために、小まめに排水溝を掃除していたの
ですが、最近はいつも溜まっているので排水溝が詰まっているのかなと思っていました。
大雨の時にもしかして浸水の恐れがあるのかな…。と考えると居ても立ってもおれず、
住宅診断をお願いしました。大切な家族を守るために、安全な家にしていきたいです。

詰まりは落ち葉などが原因で排水溝が詰まっていたからでしたが、もっと危険な
問題点が潜んでいました。排水口が一つしかなくもし完全に詰まってしまったら、
バルコニー中に水が溢れるという状況になってしまっていました。
幸いにも事前に察知できたため、排水溝内の清掃と排水口(ルーフドレイン)を
もう一つ付けるご提案をさせて頂きました。
排水口(ルーフドレイン)も排水溝も定期的な清掃が必要です。

営業時間
9:00から18:00(土日・祝日定休)

小さな事でおうちを長持ちさせる方法をお教えします!

住宅診断を踏まえ、修理のアドバイス・リフォームのご相談すべて無料です。雨漏りや水漏れ、窓の結露などもご相談ください。

営業時間 9:00から18:00(土日祝定休)

メールで相談する

提携業者紹介

誰もが住宅に住んでいるのに「建物のことがよくわからない」
という方が非常に多くいらっしゃいます。
時間が経過すると建物は劣化します。しかし、その事に一般
の方が気付く事は非常に難しいです。
そんな時は、30年業界を経験し、良い所も悪い所も直に見て
きた私の住宅診断・点検にお任せください。
早期発見すればそれだけ手のうちようが有ります。
お客様が最善の選択ができるように、最高の提案をします。

地元広島のK社で10年点検員をしている時に、自社で施工した戸建住宅のベランダに予備の
排水口がないという事実に気付きました。いわゆる欠陥住宅です。
世間ではゲリラ豪雨が引っ切り無しに騒がれており、一刻も早く対策が必要と判断し、会社に
連絡をしましたが、「それは言わなくていい。」という判断でした。私はこれに納得がいかず、
怒られるのも覚悟の上で、正直に「手抜き工事がある」ということをお伝えし、排水口を早めに
増やした方がいい事を伝えました。その一週間後、予想通り会社から激怒され最終的には契約も
切られてしまいましたが、自分の判断は間違っていなかったと今でも思っています。

会社は目先の利益だけを考えている。この事実を身をもって経験した私は、ひどく落胆し、この
業界を去る覚悟も決めました。その翌日、広島市安佐南区・北区の住宅地で豪雨により
同時多発的に土石流が発生し、75人が死亡するという痛ましい事故が起きてしまいます。
私はまさかと思い、すぐにお客様にご連絡をしましたが幸いにも被害はありませんでした。
こんな危険な思いをお客様にさせる訳にはいかない、一級建築士の知識を持っている私だから
こそ、出来ることがあると、正直に全てを伝えるおうちの維持管理相談室を設立しました。

  • 1986年4月株式会社船場に入社店舗内装の現場監督
  • 1991年2月安藤建設株式会社に入社主に鉄筋コンクリート造建物の現場監督
    リフォームやクレーム処理の部署に転属
  • 2004年12月大東建託株式会社に入社木造アパート新築工事の現場監督
  • 2005年9月株式会社K社に入社木造住宅のリフォーム、設計、現場監督
  • 2010年4月株式会社K社を退職し、10年点検員として点検業務を外部委託される
  • 2016年1月おうちの維持管理相談室を設立

私が点検した事やアドバイス、ご提案は全て写真付きで
わかりやすくお伝えします。
口頭だけで済ますようなことは絶対にしません。
定期的な診断結果は残しておくだけでも、おうちの価値は
グッと上がります。

営業時間
9:00から18:00(土日・祝日定休)

小さな事でおうちを長持ちさせる方法をお教えします!

2017年8月の記事一覧

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー別記事一覧

新着ブログ記事

過去のブログ

重点対応エリア

  • 広島県安芸郡坂町
  • 広島県安芸郡熊野町
  • 広島県安芸郡海田町
  • 広島県安芸郡府中町
  • 広島市安芸区
  • 広島市中区
  • 広島市東区
  • 広島市南区
  • 広島市西区
  • 広島市安佐南区
  • 広島市安佐北区
  • 広島市佐伯区
  • 廿日市市
  • 呉市
  • 東広島市
  • その他のエリアも対応OK

おうちの維持管理相談室 最新情報

売電と買電の差額 8月分 光熱費節約
17.08-1.jpg

売電 10,128円   買電 5,070円   差し引き 5,058円


暦の上では秋となりましたが、まだまだ猛暑が続いています。 昼間、屋根上の太陽電池パネルで発電した電気ですが、エアコンを使うことで消費してしまいます。 そのため、売電はそれほど期待していなかったのですが、思いのほか良い結果となりました。


8-1.jpg

今月も、光熱費0円生活を送ることができました。


siji6.jpg

その他のメリットして、屋根材の上に太陽電池パネルを取り付けることにより、 それが遮熱板の役割を果たし、屋根裏の温度が下がり、2階で過ごしやすくなりました。

続きを読む»

2017年8月分 電気代 光熱費節約

台風5号の影響で、広島でも8月7日未明から激しく雨が降りました。8月7日は立秋(りっしゅう)です。 暦の上では、今日から秋ということになります。


7月19日に気象庁から『中国地方が梅雨明けしたと見られる』と発表があり、 梅雨明けしてからは猛暑が続きました。エアコンを使っていますので電気料金が気になります。 先日、電気料金の検針がありました。【使用期間】平成29年7月6日から平成29年8月3日(1か月間)


8uri1.jpg

売電】発電量 211kWh  10,128円   10,128円÷211kWh=48円/kWh売電単価


8kai.jpg

買電】使用量 211kWh  5,070円   5,070円÷211kWh=約24円/kWh買電単価


■電力会社から電気を買うときの単価が約24円/kWhに対して、 太陽光発電で発電した電気を電力会社に売るときの単価が48円/kWhです。


単なる偶然ですが売電・買電とも211kWhでした。再エネ発電賦課金等は 211kWh×2.64円/kWh=557円 の負担となります。

続きを読む»

既存住宅状況調査技術者 情報その他

既存住宅状況調査技術者講習の申込書を、広島県建築士事務所協会へ提出に行きました。 「宅地建物取引業法」改正に伴い、新たな制度が始まるためです。【平成30年4月1日施行】



宅建業法の改正により、既存住宅状況調査が法律的に位置づけられ、この業務を行うのは 一定の講習を修了した建築士と規定されました。既存住宅状況調査とは、既存住宅の基礎、外壁等の部位毎に生じているひび割れ、 雨漏り等の劣化・不具合の有無を目視、計測等により調査するものです。


既存住宅状況調査を行うことで、調査時点における住宅の状況を把握した上で、売買等の取引を行うことができ、 取引後のトラブルの発生を抑制することができます。また、既存住宅購入後に既存住宅状況調査の結果を参考に、 リフォームやメンテナンス等を行うことができます。


講習を修了していない建築士や、民間資格であるインスペクター(住宅診断士)が実施する調査は、 宅地建物取引業法に基づく建物状況調査に当たりません。

続きを読む»

水道料金の検針 光熱費節約
29.07-1.jpg

上下水道料金の検針がありました。
【使用期間】平成29年5月16日から平成29年7月15日(2ヶ月間)


使用量が25m3で料金が4,573円なので、1m3あたり約183円になります。

続きを読む»

売電と買電の差額 7月分 光熱費節約
17.07-1.jpg

売電 10,704円   買電 4,507円   差し引き 6,197円


気象庁から『中国地方が梅雨入りしたとみられる』という発表があったのが、6月7日です。 梅雨入りしたにも関わらず、6月下旬まで天気のいい日が続いたので、売電が思いのほか多く嬉しい結果となりました。


1707-1.jpg

太陽光発電にとって梅雨シーズンは大敵です。早く梅雨が明けてくれないかな。梅雨明けが待ち遠しいです。

続きを読む»

Copyright © おうちの維持管理相談室 All Rights Reserved.