広島県全域で無料の住宅診断をしております。30年培ってきた経験と知識からリフォームのご相談も承っております。

おうちの悩み事に一級建築士が対応

営業時間 9:00から18:00(土日・祝日定休)

お客様にとって家は一つです。常にお客様の立場になって、1人の建築
技術者が広島にて誠実に住宅診断を行います。
今まで、30年間の経験で得た知識や建築業界ならではの習慣などを丁寧に
お教えします。戸建住宅のみならず、分譲マンションや賃貸アパート、
店舗にも精通し、知識も豊富です。家とは一生に一度の大きな買い物です。
大切な家族を守るための家をいつまでも長持ちさせるために、一級建築士
による住宅診断を受けてみませんか?定期的に点検することで、お客様の
大切なおうちの資産価値がきっと上がるでしょう。

私が30年間培ってきたおうちの長持ち方法を、住宅診断で
わかりやすく丁寧にお伝えします。お金を掛けなくても、
日頃から気をつける事で耐用年数はグッと上がります。
お客様のできることで解決できる場合は、アドバイスのみを
行います。決して無理に売り込みません。

建物が違う、建っている環境が違う、住んでいる人がそも
そも違うため、抱えている問題や悩みは違います。
目先の利益は優先せず、お客様の立場になってご提案を
させて頂きます。
提案に納得がいく場合のみお受け頂いて大丈夫です。

私の住宅診断を踏まえて、修繕や補強の作業をご依頼いただくかどうかは
お客様にご判断いただいております。作業をご依頼いただければ
私の付き合いの長い信頼できる工務店を紹介させていただいており、
作業完了まで私が責任を持って管理しております。
その家に住んでいながら、2階の屋根や天井裏、1階の床下をご覧になった
ことのないお客様がほとんどです。
私の役割はお客様が正しく現状を知り最善の判断をして頂くことです。

近頃、雨の日にバルコニーを見ると、排水溝の所に水が溜まっていました。
近くで大きな土砂災害があったので、万が一のために、小まめに排水溝を掃除していたの
ですが、最近はいつも溜まっているので排水溝が詰まっているのかなと思っていました。
大雨の時にもしかして浸水の恐れがあるのかな…。と考えると居ても立ってもおれず、
住宅診断をお願いしました。大切な家族を守るために、安全な家にしていきたいです。

詰まりは落ち葉などが原因で排水溝が詰まっていたからでしたが、もっと危険な
問題点が潜んでいました。排水口が一つしかなくもし完全に詰まってしまったら、
バルコニー中に水が溢れるという状況になってしまっていました。
幸いにも事前に察知できたため、排水溝内の清掃と排水口(ルーフドレイン)を
もう一つ付けるご提案をさせて頂きました。
排水口(ルーフドレイン)も排水溝も定期的な清掃が必要です。

営業時間
9:00から18:00(土日・祝日定休)

小さな事でおうちを長持ちさせる方法をお教えします!

住宅診断を踏まえ、修理のアドバイス・リフォームのご相談すべて無料です。雨漏りや水漏れ、窓の結露などもご相談ください。

営業時間 9:00から18:00(土日祝定休)

メールで相談する

提携業者紹介

誰もが住宅に住んでいるのに「建物のことがよくわからない」
という方が非常に多くいらっしゃいます。
時間が経過すると建物は劣化します。しかし、その事に一般
の方が気付く事は非常に難しいです。
そんな時は、30年業界を経験し、良い所も悪い所も直に見て
きた私の住宅診断にお任せください。
早期発見すればそれだけ手のうちようが有ります。
お客様が最善の選択ができるように、最高の提案をします。

地元広島のK社で10年点検員をしている時に、自社で施工した戸建住宅のベランダに予備の
排水口がないという事実に気付きました。いわゆる欠陥住宅です。
世間ではゲリラ豪雨が引っ切り無しに騒がれており、一刻も早く対策が必要と判断し、会社に
連絡をしましたが、「それは言わなくていい。」という判断でした。私はこれに納得がいかず、
怒られるのも覚悟の上で、正直に「手抜き工事がある」ということをお伝えし、排水口を早めに
増やした方がいい事を伝えました。その一週間後、予想通り会社から激怒され最終的には契約も
切られてしまいましたが、自分の判断は間違っていなかったと今でも思っています。

会社は目先の利益だけを考えている。この事実を身をもって経験した私は、ひどく落胆し、この
業界を去る覚悟も決めました。その翌日、広島市安佐南区・北区の住宅地で豪雨により
同時多発的に土石流が発生し、75人が死亡するという痛ましい事故が起きてしまいます。
私はまさかと思い、すぐにお客様にご連絡をしましたが幸いにも被害はありませんでした。
こんな危険な思いをお客様にさせる訳にはいかない、一級建築士の知識を持っている私だから
こそ、出来ることがあると、正直に全てを伝えるおうちの維持管理相談室を設立しました。

  • 1986年4月株式会社船場に入社店舗内装の現場監督
  • 1991年2月安藤建設株式会社に入社主に鉄筋コンクリート造建物の現場監督
    リフォームやクレーム処理の部署に転属
  • 2004年12月大東建託株式会社に入社木造アパート新築工事の現場監督
  • 2005年9月株式会社K社に入社木造住宅のリフォーム、設計、現場監督
  • 2010年4月株式会社K社を退職し、10年点検員として点検業務を外部委託される
  • 2016年1月おうちの維持管理相談室を設立

私がお調べした事やアドバイス、ご提案は全て写真付きで
わかりやすくお伝えします。
口頭だけで済ますようなことは絶対にしません。
定期的な診断結果は残しておくだけでも、おうちの価値は
グッと上がります。

営業時間
9:00から18:00(土日・祝日定休)

小さな事でおうちを長持ちさせる方法をお教えします!

おうちの維持管理相談室 最新情報

バルコニーの排水口 バルコニー
ba1.jpg

築25年くらいの木造2階建て住宅です。2階のバルコニーに長期間、植木鉢とか色々と置かれていたようです。 植木鉢のいくつかを、外部足場に移動しています。


ba2.jpg

バルコニーの排水口がゴミで埋まっています。雨が多いシーズンを迎える前に、きれいに清掃しておく必要があるでしょう。 バルコニーに植木鉢や観葉植物を置かれること自体、やぶさかではありませんが、 排水口が詰まると雨漏りの原因になります。こまめに清掃してください。

続きを読む»

温水洗浄便座の水漏れ トイレなど水回り
toilet111.jpg

築10年くらいのお宅です。温水洗浄便座の操作部から水漏れしています。


toilet222.jpg

水漏れのため、応急措置としてバケツを置かれています。10年以上経過すると、メーカーに修理を依頼しても 『交換部品が無いため修理で対応できません』と言われるケースが多くなってきます。


それと、特に注意していただきたいのは、温水洗浄便座は電気製品という点です。 このままの状態で使い続けると、火災の原因になり非常に危険です


toilet1.jpg

日本レストルーム工業会 経済産業省 リビングアメニティ協会 のチラシから引用しています。

安心してご使用していただくために、定期的な点検(有料)をメーカーに依頼することをおすすめします。 また、長期間(10年以上)ご使用の温水洗浄便座は、買い替えをご検討ください

続きを読む»

外構工事 外壁・外部

外構(がいこう)工事とは、外回りの工事のことを言い、エクステリア工事とも呼ばれます。 注文住宅の場合、外構工事はオプションとなっている場合が多いです。 しかし、分譲住宅の場合は 外構工事が出来上がっていないと買い手が付きづらいので、価格に含まれている場合が多いです。


inter112.jpg

ひび割れていたモルタルを取り除き、インターロッキングブロック舗装を剥がしました。 モルタルの厚みが2cmくらいしかなく、ひび割れするのは当然のように思えました。


お引き渡しから約10年が経過した今となっては、建てた住宅メーカーに文句を言ったとしても、 相手にしてもらえない可能性が高いでしょう。そもそも、住宅メーカーの工事に含まれておらず、 外構工事が別途工事の場合もありますので、注意が必要です。


inter22.jpg

たてどいと雨水桝を繋ぐ、横引き配管もヒビが入っていました。

yajirusi11.jpg inter31.jpg

配管ルートを変えて、少しでも深い位置を通るようにしました。

yajirusi11.jpg inter55.jpg

ワイヤーメッシュを敷きモルタルを均して、インターロッキングブロック舗装の下地を作っています。

続きを読む»

雨水枡 外壁・外部
inter11.jpg

雨水枡(うすいます)と、たてどいの間のモルタルがひび割れています。 クルマを停めるときにタイヤがのっかって、ひびが入ったのかもしれません。


築10年くらいの分譲住宅です。分譲住宅とは、判りやすく言うと建売(たてうり)住宅のことで、 既に建築されたものや、建築途中から販売されている住宅を指します。 分譲住宅の対義語として、注文住宅が挙げられます。


分譲住宅のメリットは価格が安いことですが、注文住宅に比べて工事中の詳しいことを 知ることができないのが、デメリットでしょう。例えば大工さんがどんな人で、設備屋さんがどんな人か ということは、注文住宅では知ることができますが、分譲住宅では知ることができません。


同様にして、たてどいから雨水桝までの配管がどうなっているかは、注文住宅だと工事中を見ることができますが、 分譲住宅だと出来上がったものを買う為、見ることができません。


お引き渡しから約10年が経過した今となっては、ひび割れたモルタルを取り除いて、 雨水配管がどうなっているのかを調べるしか、方法はないでしょう。

続きを読む»

水道代の節約 光熱費節約
29.03-1.jpg

上下水道料金の検針がありました。


【使用期間】平成29年1月15日から平成29年3月15日(2ヶ月間)
使用量が25m3で料金が4,573円なので、1m3あたり約183円になります。

続きを読む»

Copyright © おうちの維持管理相談室 All Rights Reserved.