小屋浦救護所

おうちの悩み事に一級建築士が対応

営業時間 9:00から18:00(土日・祝日定休)

小屋浦救護所

小屋浦救護所
日時:2019年8月 6日 AM 07:52

koyaura11.jpg

映画『この世界の片隅に』のワンシーンです。主人公のすずさんがお嫁入りするとき、広島駅から蒸気機関車に乗って、 矢野(やの)→坂(さか)→小屋浦(こやうら)→天応(てんのう)を通り過ぎ、呉(くれ)に向かいました。


1945年8月6日午前8時15分 広島に原子爆弾が投下され、今年で74回目の原爆の日です。 原爆投下直後、坂町小屋浦には臨時救護所が設置され、多くの負傷者が収容されました。 ですが、住民の看護の甲斐もなく、次々と亡くなったそうです。



『さくら隊散る』は、原爆投下のため命を落とした移動劇団「桜隊」の9人の役者とスタッフの被爆後の足取りを、 再現ドラマと関係者の証言で綴ったドキュメンタリー映画です。(新藤兼人監督作品)


広島で被爆した移動劇団『桜隊』の一人が、坂町小屋浦に運び込まれました。『さくら隊散る』の中に、 小屋浦救護所のシーンがあります。

営業時間
9:00から18:00(土日・祝日定休)

小さな事でおうちを長持ちさせる方法をお教えします!

※投機や転売目的の方、不動産業者や、家を売却予定の方は、35,000円(税別)の費用を頂きます。

Copyright © おうちの維持管理相談室 All Rights Reserved.