おうちの維持管理相談室の2018年10月の日誌

おうちの悩み事に一級建築士が対応

営業時間 9:00から18:00(土日・祝日定休)

リフォーム 坂町小屋浦 のブログを月ごとにご紹介

2018年10月の記事一覧

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー別記事一覧

新着ブログ記事

過去のブログ

重点対応エリア

  • 広島県安芸郡坂町
  • 広島県安芸郡熊野町
  • 広島県安芸郡海田町
  • 広島県安芸郡府中町
  • 広島市安芸区
  • 広島市中区
  • 広島市東区
  • 広島市南区
  • 広島市西区
  • 広島市安佐南区
  • 広島市安佐北区
  • 広島市佐伯区
  • 廿日市市
  • 呉市
  • 東広島市
  • その他のエリアも対応OK

リフォーム 坂町小屋浦 のブログ 月ごとにご紹介

10月分の差額
18.10.jpg

売電 6,240円   買電 5,678円   差し引き 562円
うち再エネ発電賦課金は、214kWh×2.90円=620円 です。


9月は、台風が頻繁に発生しました。また、秋雨前線の影響などで雨の日も多かったことから、例年に比べて売電が 少なかったように思います。再エネ発電賦課金は年々負担率が増えており、平成30年5月からは負担率が1kWh当たり2.90円です。


おうちの維持管理相談室
リフォームのヨシナガ 一級建築士事務所
吉永 法夫


■まじめにコツコツと、住宅診断やリフォームを広島で行っている会社です。
ツイッターはこちら→ 広島 中古住宅診断

2018年10月 9日
平成30年10月分の電気代

電気料金の検針がありました。
【使用期間】平成30年9月6日から平成30年10月3日(1か月間)


18.10uri.jpg

【売電】発電量 130kWh  6,240円   6,240円÷130kWh=48円/kWh(売電単価)


18.10kai.jpg

【買電】使用量 214kWh  5,678円   5,678円÷214kWh=約26.5円/kWh(買電単価)


電力会社から電気を買うときの単価が約26.5円/kWhに対して、 太陽光発電で発電した電気を電力会社に売るときの単価が48円/kWhです。 9月が雨が多かったので、売電が少なくなりました。かろうじて買電よりも売電が上回りました。


9月は台風が頻繁に発生しました。9月4日から5日に掛けての台風21号は関西空港が被害を受け、 9月30日から10月1日に掛けての台風24号は、はじめてJR東日本が計画運休を実施しました。


おうちの維持管理相談室
リフォームのヨシナガ 一級建築士事務所
吉永 法夫


■まじめにコツコツと、住宅診断やリフォームを広島で行っている会社です。
ツイッターはこちら→ 広島 中古住宅診断

2018年10月 8日
クライマックスシリーズ 2018

【応募は締め切りました】

たくさんのご応募ありがとうございます。当選された方に、クライマックスシリーズのチケットを発送させていただきました。 おめでとうございます! これからもチケットプレゼントを続けていくつもりです。(追記)2018.10.14


climax2018.jpg

マツダスタジアムで行われるクライマックスシリーズ 第2戦 10月18日(木)18時から 試合開始の内野自由席 ペアチケットを抽選で1名の方に、プレゼントします。


【応募方法】 このホームページの お問い合わせのページ から、御応募ください。 お名前・メールアドレスをご記入の上、このホームページを見た感想 (400字くらい)を、『お問い合わせ内容』のらんに書いてください。


胸に響いた感想を書いてくださった方、1名様にペアチケットをプレゼントいたします。当選された方には、 賞品を日本郵便のクリックポストで送る予定ですが、お近くにお住まいでしたら手渡しすることも可能です。

post_11750_zoom.jpg

【その他】 転売目的の方のご応募はご遠慮ください。実際に、マツダスタジアムで観戦が可能な方は、 ふるってご応募ください。10月14日(日)に抽選予定です。当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせて頂きます。


マツダスタジアムで応援してきてください!

010-03zentai.jpg

微力ですが、日ごろの感謝を込めてプレゼントいたします。奮ってご応募ください。

2018年10月 6日
2019年問題
2009.11.jpg

2009年11月1日に『太陽光発電の新たな買い取り制度』がスタートしました。 この制度により、家庭用の太陽光発電で作られた電気のうち、自宅で使いきれずに余った電気を、 1kWhあたり48円(※)で10年間、電力会社に買い取ってもらえることになりました。


2019年11月1日を過ぎると家庭用の太陽光発電が、続々と設置から10年を迎えます。 設置から10年間は電力会社が、自宅で使いきれずに余った電気を高値で買い取ってくれましたが、10年を超えると高値で買い取ってくれなくなる・・・ これが、『2019年問題』と呼ばれるものです。


(※)2009年の買取単価は1kWhあたり48円です。太陽光発電が普及して設置コストが安くなり、 徐々に買取単価は少なくなっています。2018年度に太陽光発電を設置したお宅は、1kWhあたり28円で10年間、 電力会社に買い取ってもらえます。

30.10-1.jpg

我が家も、2010年4月に太陽光発電を設置しましたので、1年半後の2020年4月に10年を迎えます。 現在1kWhあたり48円で買い取ってもらっていますが、1年半後には1kWhあたり10円くらいになると予想しています。


買取価格が大幅に減るのは残念ですが、この買取に掛かるお金、すなわち『再エネ発電賦課金』は、 電気を契約している全ての方が負担しています。現在でも、負担が大きくて困っている方がおられるので、 設置してから10年が過ぎて、買取価格が大幅に減るのは仕方ないと考えています。


30.5.jpg


2019年問題』は、太陽光発電など再生可能エネルギーの発電設備を設置したお宅は、死活問題と言えるでしょう。 しかし、設置していないお宅にとっては、再エネ発電賦課金の上昇にブレーキが掛かるので、むしろ歓迎といえるでしょう。

2018年10月 4日

営業時間
9:00から18:00(土日・祝日定休)

小さな事でおうちを長持ちさせる方法をお教えします!

※投機や転売目的の方、不動産業者や、家を売却予定の方は、35,000円(税別)の費用を頂きます。

Copyright © おうちの維持管理相談室 All Rights Reserved.