おうちの維持管理相談室の2015年12月の日誌

おうちの悩み事に一級建築士が対応

営業時間 9:00から18:00(土日・祝日定休)

リフォーム 坂町小屋浦 のブログを月ごとにご紹介

2019年1月の記事一覧

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー別記事一覧

新着ブログ記事

過去のブログ

重点対応エリア

  • 広島県安芸郡坂町
  • 広島県安芸郡熊野町
  • 広島県安芸郡海田町
  • 広島県安芸郡府中町
  • 広島市安芸区
  • 広島市中区
  • 広島市東区
  • 広島市南区
  • 広島市西区
  • 広島市安佐南区
  • 広島市安佐北区
  • 広島市佐伯区
  • 廿日市市
  • 呉市
  • 東広島市
  • その他のエリアも対応OK

リフォーム 坂町小屋浦 のブログ 月ごとにご紹介

クレセント
c1.jpg

築10年くらいの戸建て住宅で、新日軽のアルミサッシです。 サッシの鍵のことをクレセントと呼びます。 日当たりの良い場所なので紫外線などの影響により、白っぽく変色してしまっています。 また、レバーを持つとカタカタと、ぐらつくようになりました。


c2.jpg

クレセント内部のバネが折れてしまっています。LIXIL(リクシル)の代理店に確認したところ、 このタイプはバネだけ交換ができないので、クレセントを丸ごと交換して対応するようになるとのことでした。


おうちの維持管理相談室
リフォームのヨシナガ 一級建築士事務所
吉永 法夫


■まじめにコツコツと、住宅診断やリフォームを広島で行っている会社です。

2015年12月12日
ロール網戸が動かない
age.jpg

築12年くらいの戸建て住宅です。新日軽の上げ下げロール網戸が、開け閉めできない状態でした。


age1.jpg

あみがガイドレールに引っ掛かってました。あみとシャフトを一旦取り外し、 再度あみとシャフトを取付けることで上げ下げできるようになりました。


【備考】新日軽は2011年に、トステム・INAX・新日軽・サンウエーブ・TOEXと経営統合して、 株式会社LIXIL(リクシル)となっています。


おうちの維持管理相談室
リフォームのヨシナガ 一級建築士事務所
吉永 法夫


■まじめにコツコツと、住宅診断やリフォームを広島で行っている会社です。

2015年12月10日
引き戸の取手
wd1.jpg

築10年くらいの戸建て住宅です。引き戸の金具のメッキが剥がれています。


wd2.jpg

新しい引手に交換します。


wd3.jpg

引手を交換しています。


おうちの維持管理相談室
リフォームのヨシナガ 一級建築士事務所
吉永 法夫


■まじめにコツコツと、住宅診断やリフォームを広島で行っている会社です。

2015年12月 9日
床下の含水率
gansui.jpg

含水率とは、木材に含まれる水分の量で、その強度に大きく関係します。 含水率が20%以上になると木材腐朽菌やシロアリが発生しやすく、木材の強度が落ちるといわれています。


おうちの維持管理相談室
リフォームのヨシナガ 一級建築士事務所
吉永 法夫


■まじめにコツコツと、住宅診断やリフォームを広島で行っている会社です。

2015年12月 8日
谷樋(たにどい)
tani1.jpg

屋根の形状により、屋根の上につくられる谷間となる部分を、 谷樋(たにどい)と呼びます。屋根材とは異なる素材(スレンレス製など)で水を受けて、 排水する樋(とい)の役割を果たしています。


古いお宅の多くは、この谷樋の素材に銅板が使用されており、近年の酸性雨などの影響で雨漏りすることがあります。 銅板に開いた穴を、シリコンシーリングで塞ぐといった応急措置もありますが、ステンレス製の谷樋に交換したほうが、 将来的におすすめでしょう。


おうちの維持管理相談室
リフォームのヨシナガ 一級建築士事務所
吉永 法夫


■まじめにコツコツと、住宅診断やリフォームを広島で行っている会社です。

2015年12月 7日
野地板(のじいた)
noji111.jpg

木造住宅の小屋裏(屋根裏)です。押入れの天井点検口から撮影しています。 夏場、屋根材が受けた日差しによる熱は、 野地板(のじいた)に伝わるため、小屋裏はかなり高温になります。 天井裏には断熱材が敷き詰められていますが、小屋裏での作業は、冬場にしたほうが安全でしょう。


yane999.jpg noji1.jpg

最近、古民家再生とかで天井を撤去して、梁(はり)などを出すのが流行っていますが、 断熱工事を十分に行う必要があります。 『見た目が良いから』と安易な考えで天井を撤去してしまうと、 夏は暑く、冬は寒い住宅になるのでご注意ください。


roofing1.jpg

かわら屋根の場合は、野地板(のじいた)の上に ルーフィングと呼ばれる防水シートを敷き、写真のように桟木(さんぎ)を打って、 その桟木にステンレス釘で瓦を固定しています。 夏場、屋根がわらの熱が野地板に伝わって、室内の温度を上げています


陶器瓦は、粘土を成形して釉薬(ゆうやく)と呼ばれるうわ薬をかけて、窯の中に入れて高温で焼き上げているため、 雨水が浸透せず、長い年月を経ても美しい状態を保てます。写真は、島根県が名産の『石州瓦 銀黒』です。


屋根で一番重要なのは、普段見ることできない ルーフィングだと考えます。 例えば、瓦に1枚ヒビが入っていたとしても、すぐに室内に雨漏りする可能性は低いでしょう。 雨水の侵入を防いでいるのは、このルーフィングと言えます。屋根リフォームの参考にしていただければ幸いです。


おうちの維持管理相談室
リフォームのヨシナガ 一級建築士事務所
吉永 法夫


■まじめにコツコツと、住宅診断やリフォームを広島で行っている会社です。

2015年12月 4日
洗面所の床

長期間キャスター付きの椅子を使用していたので、 洗面所のCFシート(クッションフロアシート)が、ふくれてしまいました。 対策として、CFシート張り替えをご提案しました。


cf1.jpg

キャスター付きの椅子を使用する場合は、床にマットを敷かれたほうが表面が傷まないので、長持ちするでしょう。


おうちの維持管理相談室
リフォームのヨシナガ 一級建築士事務所
吉永 法夫


■まじめにコツコツと、住宅診断やリフォームを広島で行っている会社です。

2015年12月 3日
網戸張り替え
ami1.jpg ami2.jpg

網戸を張り替えるときは、網押えゴムも交換したほうが良いでしょう。網押えゴムはホームセンターに売っていますが、太さがいろいろあるので注意しなければなりません。もともとの網押ゴムを5cmくらい切って、ホームセンターに持って行き、太さを確かめたほうが良いかもしれません。

網戸張り替えに必要な道具として、ローラー があげられます


おうちの維持管理相談室
リフォームのヨシナガ 一級建築士事務所
吉永 法夫


■まじめにコツコツと、住宅診断やリフォームを広島で行っている会社です。

2015年12月 2日
ペアガラス(複層ガラス)
P31800021.jpg

ペアガラス(複層ガラス)に交換作業中です。 窓の大きさにもよりますが1ヶ所当たりの作業時間は、30分から1時間くらいでしょう。


pea1.jpg

ペアガラス(複層ガラス)に交換しました。もともと、厚さ4mmくらいの単板ガラスが入っていたのですが、 このままではガラス溝の幅が足りないためペアガラスが入りません。


hukusou1.gif

対策として、写真のようにアタッチメントを取り付けて、 ペアガラスをはめ込むようになります。


おうちの維持管理相談室
リフォームのヨシナガ 一級建築士事務所
吉永 法夫


■まじめにコツコツと、住宅診断やリフォームを広島で行っている会社です。

2015年12月 1日

営業時間
9:00から18:00(土日・祝日定休)

小さな事でおうちを長持ちさせる方法をお教えします!

※投機や転売目的の方、不動産業者や、家を売却予定の方は、35,000円(税別)の費用を頂きます。

Copyright © おうちの維持管理相談室 All Rights Reserved.